ピンククロスデルマコラーゲンとノニ

ピンククロスデルマコラーゲンは、ノニを含んでいます。ノニは、熱帯アジアからポリネシアにかけて広く生息している果実で、たくさんの有効成分を含有しています。 ノニ特有の成分として注目されている物資が、スコポレチンです。1993年ハワイ大学で抽出されたものです。


ノニのスコポレチンの作用としては、血液をサラサラにして、血管をしなやかにすることでの血圧降下作用、抗菌作用、鎮痛作用、うつ症・睡眠障害の改善などが考えられています。さらにノニにはビタミンCが含まれています。ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせないビタミンとして知られています。私たちのからだのすべてのたんぱく質のうち30%がコラーゲンだといわれています。


コラーゲンは組織と組織の間にあって組織同士をつなぐ糊のようなものです。ですからビタミンCが欠乏するとコラーゲンの生成ができなくなり、コラーゲンが不足してしまいます。すると、組織同士がうまくくっつかないために、はがれたりします。そのひとつが肌荒れです。ですから、ピンククロスデルマコラーゲンでしっかり補給する必要があるんです。


ほかには、ひじ、肩、膝、などの関節の痛みや、皮膚の衰え、歯の組織の弱体化など全身に症状が現れます。さらに血管が弱くなり、些細なことで、出血しやすくなります。そして、免疫力も弱くなるので、感染症にかかりやすくなります。


ビタミンCは、肌にメラニン色素ができるのを防ぎ、すでにできているメラニン色素を脱色する作用があります。ビタミンCは、水溶性のビタミンですから摂りすぎの心配はありません。ですから、安心してどんどん摂りたいところです。


ほかにも、ノニは各種ビタミンやミネラルや必須アミノ酸など非常に多くの栄養素を含んだ果実です。ノニに含まれる栄養素数は、例えば、ロ−ヤルゼリーで約40種類、プロポリスでは約110種類といわれているのに対し、ノニは153種類以上の栄養素をもつといわれています。このように豊富な栄養素をもつノニなんですが、これを果汁のジュースとして飲もうとすると番組の罰ゲームで使われるほど飲みにくいものなんです。ですが、ピンククロスデルマコラーゲンなら、手軽に摂れるんです。


ピンククロスデルマコラーゲン 最新一覧 By 楽天





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。