ピンククロスデルマコラーゲンとデルマタン硫酸

ピンククロスデルマコラーゲンの主成分のひとつで、商品名にもなっているのが、デルマタン硫酸です。「デルマタン」とは、「皮膚」と言う意味です。肌を美白に導く働きがあるとても大切なグリコサミノグリカン(glycosaminoglycan)で、ムコ多糖ともいいます。私たちの身体の細胞と細胞の間には、このムコ多糖というスポンジのような物質がびっしり詰まっていて、そこに必要な水分(体液)が蓄えられています。


デルマタン硫酸はマイナスイオン基を多く有することで保水力に大変すぐれています。この結果、デルマタン硫酸はピンククロスデルマコラーゲンのもうひとつの主成分であるヒアルロン酸の保水力をさらに高め、お肌に潤いを与えてくれます。さらに紫外線からお肌を守り、シミや色素沈着などを防ぐなど美肌作りに効果を発揮します。


デルマタン硫酸は真皮内部と表皮中に存在し、皮膚組織の間の隙間を埋めて皮膚密度を高め、紫外線の侵入を防ぐことで、シミや色素沈着を出来にくくします。また、肌の細胞は基底層細胞が分裂増殖することからはじまります。デルマタン硫酸はそれらを促進することで表皮細胞周期を正常化(約28日)して、発生したシミや沈着色素を早期に体外に排出させます。


紫外線Bによる炎症肌でデルマタン硫酸は浮腫(水ぶくれ)の発生を改善し、表皮の再生力にすぐれることが報告されています。


デルマタン硫酸は細胞膜でのナトリウム代謝を活発にして肌を再生します。デルマタン硫酸は萎縮した有刺細胞を活性化し、角質代謝に有効なことが報告されています。汗腺や皮脂膜の働きを活性化する働きもあります。


デルマタン硫酸は毛細血管壁の主成分の一つとなっています。ですから、ピンククロスデルマコラーゲンのデルマタン硫酸は皮膚毛細血管を強化し、血行を促進し、肌の働きを活性化します。また、血液の酸性化も防止し、シミの発生を防ぎます。


デルマタン硫酸は細胞増殖・分裂でコンピュータのように自動調節作用の働きをします。DNAプログラムに従って成長因子(TGF-β)の情報を自動調節し細胞分裂・増殖を促進することで、美肌作りに欠かせない要素です。ピンククロスデルマコラーゲンのデルマタン硫酸は美肌の力になります。


ピンククロスデルマコラーゲン 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。