トレハロース

ピンククロスデルマコラーゲンには、トレハロース(Trehalose)が配合されています。トレハロースは、天然の甘み成分のひとつで、エリンギなどのキノコをはじめ種々の菌、酵母などに含まれています。デンプンの劣化防止や冷凍時のタンパク質の変性防止などの目的で様々な食品に利用されています。



トレハロースは、カルシウム吸収促進作用をもち、破骨細胞形成抑制因子(オステオプロテジェリン,OPG)の産生を促進する作用があることで、女性に多いとされる骨粗鬆症の予防、改善に効果があります。



また、トレハロースは虫歯の原因のひとつである不溶性グルカンの生成を抑え、口中のpH値を虫歯が発生しやすい5.7以下に下げない働きがあることから虫歯にならない甘味料としても知られています。



トレハロースは、細胞表面のタンパク質と水素結合することによって細胞膜を保護する作用があり、細胞表面でトレハロースがガラス構造のようなものを形成し、それにより細胞内物質を外部刺激から防ぎ保護するという細胞保護作用が報告されています。最近の生体肝移植の時、臓器の移動時にも保護剤として使われています。



トレハロースの優れた水分保持力・保湿性は、保湿・荒れ肌などに用いられる基礎化粧品に広く配合されるたり、入浴剤に使用されたりしていて、これからの応用が期待されています。



トレハロースは、またポリグルタミン病やアルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、プリオン病などの治療に効果があるのではないかと研究が続けられているようです。



トレハロースは、砂糖の約半分の甘みで、カロリーは同程度あります。ですから、摂りすぎは禁物ですが、砂糖ほど血糖値を上昇させることがなく、血糖値を持続的に維持する作用があることが知られていて、スポーツドリンクなどへの利用が考えられています。

ピンククロスデルマコラーゲン 最新一覧 By 楽天



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。