コンドロイチン硫酸

ピンククロスデルマコラーゲンには、サメ軟骨由来のコンドロイチン硫酸が配合されています。コンドロイチン硫酸は、コラーゲンの再生を促したり、安定させるなどして結合組織のコラーゲンを支える成分です。



コンドロイチン硫酸は、ピンククロスデルマコラーゲンに配合されているヒアルロン酸、デルマタン硫酸とともにムコ多糖トリオと呼ばれていて美肌づくりには欠かせない成分のひとつです。



ムコ多糖類は、グリコサミノグリカン(glycosaminoglycan)とも呼ばれ、私たちの身体の細胞と細胞の間にあって、水分をたっぷりと蓄えているスポンジのような物質で、コンドロイチン硫酸は、デルマタン硫酸とともにヒアルロン酸の保水力を増強し、プリップリの肌をつくります。



コンドロイチン硫酸は、デルマタン硫酸とともに細胞代謝の調節作用があります。表皮では表皮細胞の表面で成長因子(TGF-β)と結合して、細胞の分裂・増殖を自動調節していて、真皮では、真皮の繊維芽細胞でつくられるコラーゲンや成長因子(TGF-β)と結合して代謝を自動調節しています。ピンククロスデルマコラーゲンでは、コンドロイチン硫酸と、デルマタン硫酸を配合することで美肌効果を得ることが出来るんです。



コンドロイチン硫酸は、皮膚以外にも、軟骨や骨、血管壁などに分布しています。膝などの痛みの原因のひとつである変形性関節炎の原因はコンドロイチン硫酸の減少によるものともいわれています。したがって、コンドロイチン硫酸は、グルコサミンやMSMなどとならんで中高年に人気の成分でもあるんです。



コンドロイチン硫酸は体内で合成できます。それは、ヒアルロン酸に硫酸を結合することでつくられます。そしてこの時、必要とされる栄養素がビタミンAです。したがって、ピンククロスデルマコラーゲンとともにビタミンAの摂取は関節や肌の健康には効果的といえそうです。

ピンククロスデルマコラーゲン 最新一覧 By 楽天



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。